酒のマルミ|日本酒専門通販1,500種類以上お取り扱い|マルミ北栄商店

out

お酒のギフトや日本酒の卸通販のオンラインショップ酒のマルミ|日本酒|地酒|本格焼酎専門通販1,500種類以上お取り扱い

道内11,000円以上

全国2万円以上のご注文で送料無料!

TEL 011-753-0855

営業時間 月〜土 10:00〜20:00
日祝 11:00〜19:00

  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
  • 酒のマルミ
 

龍勢「無垢の系譜」純米|2019|生モト 720m

独自商品コード 1835
発行ポイント 0ポイント
希望小売価格
販売価格

2,035(税込)



購入数

在庫切れ

商品画像について
掲載している商品の画像ですが、実際の商品とラベルデザイン等が異なる場合がございます。予めご了承ください。

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

製造元
原産地
商品特殊表示
在庫状況

【商品説明】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少し頑固なところもあるが、頼もしい情熱家の雄町。どっしりと落ち着いた雰囲気を持ち、じっくりと話を聞いてくれる面倒見のよい先輩的存在なお酒です。

●BRAND CONCEPT
酒米ごとの特徴を活かした龍勢の限定酒シリーズ。毎年毎年の気候の変化によって少しずつ変わる一期一会の味わい。伝統生酛製法で醸されるお酒を通じて、瀬戸内の風土を感じてください。 

○自然な味わい
龍勢 -Limited Series- は、すべてのお酒が伝統的な生酛製法で醸されています。江戸時代に建てられた木造蔵に住んでいる微生物が自然の気温でゆるやかに醗酵したお酒は、竹原の風土を映し出した醸造年度によって変わる一つとして同じものはない唯一無二のお酒です。

○四種の米、多様な個性
「八反錦」「八反35号」「山田錦」「雄町」それぞれの品種は独自性豊かな個性をもった酒造りに適したお米です。生酛製法で醸すことで味わいを構成する要素がシンプル化され、よりいっそう米たちの持つ個性が輝きます。

○食とともに
龍勢 -Limited Series- のお酒は、お酒だけでは未完成です。個性豊かな味わいは、食とともにあることではじめて輝きを放ちます。四季折々の食材と合わせて、口福なときをお過ごしください。

※酒造好適米「雄町」について
雄町は、安政6 年(1859 年)に岸本岸本甚造翁が、見るからに立派な変わり穂を発見し持ち帰った2 本の穂から栽培が始まった在来品種の酒造好適米。当初は「二本草」と呼ばれていましたが、栽培地の地名である「雄町」の名で広まりました。酒造好適米の約6 割が雄町の血を受け継いでいると言われる酒米の父。大粒で心白が大きく、吸水性に優れることから良質な麹を造るのに適していて、濃醇で力強いコクと味わいあるお酒に仕上がるのが特徴です。

○webmaster試飲コメント
藤井社長に直接お話を聞いたところ。これまでの生もとシリーズはどちらかと言うとお燗専用的なコンセプトのお酒でしたが、今回のLimitedシリーズは、常温や冷やしても美味しく頂けるように酒質設計していると言う事です。飲食店などで飲む際などは、冷蔵管理された場合が多いので、その状態でも美味しく飲めると言う事だと思います。冷蔵の中で、お酒を並べた際にも映えるよう統一感のあるラベルもカッコイイですよね。

【スペック】
原材料名:米(国産)、麹米(国産米)
使用米:雄町100%使用
使用酵母:無添加
精米歩合:60%
使用酵母:無添加
アルコール度数:16度
日本酒度:+8.5
酸度:非公開
瓶詰タイプ:一回火入れ
保管場方法:静かな冷暗所



<蔵元ストーリー>
●藤井酒造の酒造り
天地(あめつち)と共に永遠に伝わり栄えてきわまりないこと。我が国最古の歴史書『日本書紀』(AC720)にも登場するこの言葉は、窮まること、尽きることのないものを受け取り、引き継いでいくことを意味します。時代が移り、人の肉体は朽ちても、人の精神は脈々と続いていきます。これは、私たちの家業である酒造りについても言えること。代々の蔵の当主の思いを乗せて、今日までの酒は進化を続けてきました。蔵の歴史に敬意を払いつつ、今までで一番良いものを造る。伝統の酒造りをさらに進化させて次の世代へと手渡していく。これが私たち藤井酒造の目指す酒造りです。



●藤井酒造について
創業150余年の純米蔵。江戸時代末期文久三年(1863年)、私たちの祖先である初代・善七は、良質の仕込み水に恵まれた竹原の地を酒造りに適した土地と見極め、酒造業を興しました。竹原は、穏やかな瀬戸内の海に面しており、かつては製塩業でも栄えた風光明媚な町。別名『安芸の小京都』とも呼ばれ、木造の古い日本建築が軒を連ねる美しい町並みや歴史ある神社仏閣も昔のままの姿をとどめています。竹原は、 今も地下水を水道水として使用しているほど清冽な水に恵まれた土地であり、同時に豊富な海の幸を得て豊かな食文化も築かれてきました。その自然の恵みを生かした酒造りを続けて百五十余年。私たちの蔵は、たくさんの量を生産する蔵ではありませんが、だからこそ自分たちにしかできない酒造りを続けたい。小さい規模であっても、日本酒という大樹の幹を支える存在でありたいと願っています。



●龍勢について
「純米」への強い思い。私たちが今も大切に守る創業銘柄“龍勢”は、明治四十年開催の『第一回全国清酒品評会』に出品した銘柄です。日本政府が清酒技術の研鑽・向上を目的に開催したこの日本で最初の品評会で、龍勢は最優秀第一位を受賞して日本一の栄誉に輝きました。龍勢"は純米酒です。純米酒以外の"龍勢"は"龍勢"ではないと、戦後の純米酒製造が禁止された時代、三代目善七によって一旦その歴史に幕を閉じることとなりましそれから30余年、五代目によって"龍勢"は復刻され今でも全量純米にこだわり続けています。



●「食」を活かす「酒」
食中酒へのこだわり藤井酒造の酒は、食事と共に楽しむ食中酒です。「食の個性を引き立てる酒」が私たちの食中酒の定義。しっかりとした存在感は残しながら、決して食の邪魔はしない。個々で愉しむよりも相乗効果でより美味しくなる。そんなお酒を目指して日々酒造りに勤しんでおります。細やかで丁寧な酒造りの結果として誕生する上品な芳香はありますが、突出した香りを求めた酒ではありません。華美な香りではない分、お料理に合わせて様々な温度帯でお楽しみ頂けます。



●お酒の特徴
すべてを包み込む。良質の原料米と丁寧な手仕事に由来するまろやかな甘みと旨み。爽やかな酸味、軽快な辛さ。引き締め感のある渋みや苦み。後口のキレと深い余韻。相反するさまざまな要素が同居して、複雑で深みのある味を造り上げているのが日本酒です。日本酒が持つ甘酸辛苦渋の五味は、酒の質に応じた熟成、温度帯によっても枝分かれしていき、その豊かに広がる個性の違いが幅広い料理と合わせることを可能にすると私たちは考えています。季節、熟度によって変わる表情を愉しむ。フレッシュな新酒は、冷たい状態で新鮮な魚介類や野菜料理に、熟成した生酛は温めた状態でチーズや肉料理に。これは、日本酒の多彩な味わい方のほんの一例。強い自己主張を押さえているからこそ、幅広い料理を支えることができます。



【蔵元】
藤井酒造株式会社
所在地:〒725-0022 広島県竹原市本町3丁目4-1
電話 :0846-22-2029
http://www.fujiishuzou.com/

この商品をチェックした人が見ている商品

$nbsp; $nbsp;

お買い物の流れ

  • STEP1

    商品をカートに入れる

    お気に入りの商品を
    カートに入れます。

  • STEP2

    レジへ進む

    カート画面で
    商品と金額を確認し
    カートに入れます。

  • STEP3

    お客様情報を入力

    ご住所・連絡先など
    お買い物に必要な
    情報を入力します。

  • STEP4

    お支払い方法の選択

    ご希望の決済方法を
    お選び下さい。

  • STEP5

    内容を確認し完了

    ご注文内容を再確認し、
    お手続きを完了します。

  • STEP6

    商品の発送

    ご注文の商品を発送します。商品の到着をお待ち下さい。